株式会社 丹波姫もみじ

丹波地域で育った野生「丹波鹿」の鹿肉。美容と健康に優れたおいしい食材をお届けします。

HOME»  会社概要

会社概要

概要

法人名 株式会社 丹波姫もみじ
代表取締役 柳川瀬 正夫
所在地 〒669-3572 兵庫県丹波市氷上町谷村1812-10
電話番号 0795-82-6333
FAX番号 0795-82-7737
URL http://www.tanba2005.co.jp/
E-MAIL tanba2005@gmail.com
営業時間 8:30~17:00
定休・店休日 月曜日
サービス提供可能地域 全国
設立年月日 平成18年8月3日
資本金 1,300万円
許認可 食品衛生法:食肉処理業(H26.3. 28)/食肉販売業(H26.3. 28)/食品の冷凍又は冷蔵業(H25.5.11)/そうざい製造業(平成25.5.17)/飲食店業<露店>(平成24.10. 5)
兵庫県食と安全安心と食育に関する条例:県認証食品認証(平成26.11. 21)
社名の由来 「姫」は小さいものの愛称で、当地では夏に姫ボタルの乱舞が見受けられ、鑑賞ツアーも行われています。
「もみじ」は鹿肉の別称です。
概 要 丹波市役所で20年間、農林業の部署に勤務し農業被害対策を担当し、駆除された鹿が廃棄ばかりされている現状を考えて、どうにか鹿の有効活用ができないかと考え、市役所を退職し、鹿の事業化を決意。鹿害対策の先進地である北海道静内町の加工場を視察し、解体方法、加工方法、熟成方法などの技術を得て、西日本で初となる鹿専門の加工施設「丹波姫もみじ」を設立しました。
(丹波市では毎年1000頭以上の鹿を捕獲していますが、そのほとんどが土中に埋設するか、民間に委託して焼却するかしています。埋設は土地の確保や水質汚染、悪臭など周辺環境に悪影響を及ぼし、焼却すると1頭あたり2万5千円の費用が市の財政を圧迫します。)

 

アクセスマップ

 

代表プロフィール

柳川瀬正夫(やながわせ まさお)     昭和24年4月13日生

昭和45年 6月                    兵庫県氷上郡山南町役場に就職

平成8年~平成16年10月             山南町役場 農林振興課長

平成16年11月 1日                丹波市発足(氷上郡6町が合併)産業経済部長

平成17年 6月30日                丹波市早期退職(産業経済部長)

平成17年11月15日                丹波特産物発信機構設立(代表)

平成18年 8月 3日                 株式会社 丹波姫もみじ設立(代表取締役)

平成27年 4月17日           同敷地内に鹿加工組合丹波(鹿有効活用処理施設)が稼働。
                       同時に、鹿肉及び加工品の販売専門会社となる。

 

姫もみじのこだわり  安全・安心・安定(3A)の高品質な鹿肉提供

安心・安全の管理シフト

 

姫もみじのこだわり

姫もみじのこだわり

 

姫もみじのこだわり

 

 

★徹底した衛生管理の鹿肉加工専門施設

★高度な熟成技術による高品質な鹿肉の提供 (熟成温度と熟成時間)

★トレーサビリティ(個体番号)の実施                      「捕獲日・捕獲者・捕獲場所・年齢・性別】等を記入して保存、その肝臓の1部を真空冷凍で3ケ年間保存

★商品は、真空冷凍で保管(安定供給)

★金属探知機による検査

★ひょうご鹿肉活用ガイドラインの遵守
 (兵庫県認証食品として認証・・・H23.11.2)

リンク集について

主に当社の提携先で商品開発や販売をしている会社や店舗を集めたリンク集のページです。

1.


EGサイクル

当社の丹波鹿を使ったドッグフードを生産販売をしている事業所です。

愛犬の健康づくりに最適な食材、国産野生鹿。

 


 

2.

新敏製革所

当社の丹波鹿皮を使った伝統的な「しろなめし」を行っている事業所です。

~姫路しろなめし革製法の伝承への挑戦~

 


 

3.


愛deer料理教室

鹿肉料理研究家 林マリ先生のお料理教室。

鹿肉を使ったヘルシーでおいしく、おしゃれなお料理。

 


 

4.

三田屋総本家

当社の丹波鹿を使い伝統技術により熟味鹿のハム,ソーセイジを生産している事業所です。

伝統と技の味わい、伝統をくずすことのない肉づくり。

 

プレスリリース

丹波姫もみじの鹿肉は、さまざまな方面で利用されています。

過去、いろいろなメディアにも取り上げられてきました。
その中で新聞の記事をご紹介します。

■取材・掲載記事についてのお問い合わせ
株式会社丹波姫もみじ 広報担当:柳川瀬 正夫(やながわせ まさお)
〒669-3572兵庫県丹波市氷上町谷村1812-10
TEL:0795-82-6333/FAX:0795-82-7737
お問い合わせ <<こちらから

 

代表の思い 〈シカの「いのち」を丸々活かし地域を元気に〉

 本州初の本格的なシカ肉加工工場
 

 うちのシカ肉は、柔らかくて美味しですよ。
 よく言う、シカ肉は硬い臭い、っていうのは加工(精肉)の問題です。新鮮なうちに血が回らんように処理して、
熟成させて、一番良い状態で調理すればシカは間違いなく柔らかくて美味しい健康食材です。
 
  丹波姫もみじは、平成18年11月、本州初の本格的なシカ肉加工工場としてスタートしました。シカ肉を柔らかく美味しく提供することを一番の自慢、ノウハウにしてきました。そして食肉利用だけにとどまらず、一頭丸々利用することを目指して外部の協力者とともに鹿肉や鹿革の加工品開発なども手掛けている、というのがもうひとつの顔です。
 最近、シカ肉は高鉄分・高タンパク・低カロリーの優秀な自然食材として、フランス料理(ジビエ)などはもちろん
、健康分野やスポーツ分野でも幅広い注目を集めるようになりました。丹波姫もみじは、そうした食文化の発信にも力を注いでいます。また、創業当初より高い品質と衛生管理にこだわってきましたので地道ですがこの点は今も高い水準にあると自負しています。

 
 
 野山を駆け巡り、山野草を育てる
 
私はもともと鹿との接点なんてほとんどありませんでした。ただ、若い頃から山野草を育てることには熱中していて、そのために野山を駆けまわることは苦にならなかった。
 ところが、まだ50歳になるかならんかの頃、当時は氷上郡山南町の役場に勤めていたんですが先輩から薬草を振興する仕事を引き継がんかと言われた。当時、薬草なんて全くといっていいほど知らなかったですが、よくよく聞いてみると野山で自然に生えている山野草がほぼイコール薬草やということがわかった。それやったら一応わからんわけではない。ただ好きなことを仕事にすることは抵抗があったのでその点は迷いました。
 
 結局は引き受けたんですが、仕事としてはほとんどが「丹波漢方の里」として、オウレン(黄連)、セネガ、トウキ(当帰)という当地の三大薬草の振興と発信で農家を回る日も多かったですね。ちょうどその頃から、農家で「鹿の害が急に増えた」ということを聞くようになりました。丹波市の合併前ですから平成16年頃にはかなりシカ害が出てき始めていました。

 「いのち」を埋める「対策」に虚しさ
 農林振興の担当部署ですから、もちろん振興も仕事なんですが実際にはシカが防獣網に引っ掛ったという連宅が入る度に現地に直行せなあかん。ちょうど急増期だったんでしょう、どんどん網にかかるシカが増えて、しまいに毎朝の日課みたいになってきました。
 大体、朝の7時頃に携帯が鳴るんですな。どこそこでシカが引っ掛かっています、と。
当時、ノリの養殖網の古いのを防獣網に転用しているところが増えていたんですが困ったことに塩分が残っていてシカがそれを舐めにやってきてはついでに農作物をかじる。しかも、シカは角や首が絡まりやすくてさんざん網を引き倒して暴れた頃に朝の散歩の人に見つかるんです。
 連絡があるともちろん出勤前なわけですが、現地へ直行して状況を確認します。それから猟師に電話して有害駆除の手配をしてそれから出勤するのです。 これがどんどん増えていくのですからしまいに嫌になりますよね。
 実は猟師も年々嫌気がさしてくるわけです。網に引っ掛かって散々暴れたシカは、全身に悪い血が回って美味しくないと言われてきました。ただでさえ当時はシカ肉といえば「臭い、堅い」と敬遠されてほとんど流通していなかったのです。個々人の猟師では売れる当ても皆無に等しい。そうなると、猟師は衛生上穴を掘って埋めなければならないことになっています。あのシカの巨体を埋めるのです。それができないなら市のゴミ処理処理場か民間の焼却施設でコストをかけて燃やさなければならない。ただでさえ重たいシカが文字通り役場にも猟師たちの肩にも年々重荷となってのしかかりつつありました。

 合併の後始末をして退職、そして起業へ!
 そうこうするうちに氷上町6町の合併が決まり、平成16年11月1日の丹波市発足に向けて合併事務に忙殺されることになりました。そこへ追い打ちをかけるように10月20日兵庫県全域に猛烈な被害を及ぼした台風23号に当地域も大被害を受けました。合併は11月1日に行いましたがほぼ5ケ月に渡って台風の被害対策に追われました。
 一方で合併は当然のことながら合理化であり人員整理も含まれていました。部長職であった私は身を切る思いで退職勧奨も行う立場にありましたから、合併が一段落したら私も退職するという腹を決めていました。当時の丹波市の部長級は15人程度だったと思うんですが、そのうち12人が合併8ケ月で退職しました。災害復旧も一段落し私もその一人となりました。
 まだ50代半ばでしたが後悔はなかったですね。役人としてやるべきことはそこそこやってきた。むしろ正直に「ヤレヤレ、やっと自由にやれる」という思いもありました。
町役場に居たおかげで行政だからできた取り組みもあった反面、行政の限界も感じ始めていましたから、ああ これでやっと民間人になれた、と。

 意気投合したふたりの協力者
 退職後、最初に立ち上げたのは丹波特産物発進機構という小さな組織でした。そこでは(1)丹波地域の特産物を都会に発信する流通網の開拓と確保 (2)特産物の研究・開発 (3)新規事業による地域の活性化の3つの目的を持っていました。そこで私が得た感触は丹波ブランドの圧倒的な強みとその逆に期待に応えられる商品の供給力不足でした。特に、地域を牽引できるような今までにない特産品を開発したいという思いが強くなりました。
 そこで、ふと思い出したのがシカでした。農林業の厄介者、有害獣として急浮上してきた鹿は一方でフランス料理のジビエに代表される高級食材とされています。当時、兵庫県下だけでも毎年3億円前後の農林業被害を起こし、さらに駆除したシカの処理にも行政負担や環境汚染などのコストやリスクがついてまわっていました。地域の課題のシカを新たな丹波ブランドの特産品として有効活用できればまさに一石二鳥やないか!そう思ったわけです。
 そうして、異分野に居ながら意気投合した深田晋三さん、前川進吉さんとともに株式会社丹波姫もみじを立ち上げました。この二人の協力がなければ設立できなかったし今日までやってこれなかった。

 本州発!の優位性と落とし穴
 起業当時、国内には唯一、北海道にだけエゾジカを専門に加工できる工場がありました。私たちも事前に視察に訪れかなり勉強させてもらいました。しかしながら必ずしもエゾジカ解体の施設やノウハウをすぐに丹波に適用できたわけでわありませんでしたので最初から試行錯誤の連続でした。
 一方で折しもシカによる農林業被害は全国的に拡大し、広く社会問題化しつつあった時代ですので追い風の中の船出でもあったのです。本州初の取り組みとしてマスコミにも取り上げられましたので、全国の自治体から問い合わせが相次ぎ一年で500名以上が視察に訪れました。
 ところが、操業早々このエゾジカとホンシュウジカ(丹波の鹿)との違いに想像以上の苦労を味わうことになります。
 実は、エゾジカは牛のような巨体なのに対して、丹波の鹿は子牛ほどしかない。しかも、質の悪い部分を除いてみると食肉として扱えるのは体重の3分の1ほど。操業してみると、1頭捌いても手間の割に肉の量は少なくて、しかも3分の2が産業廃棄物としてお金を支払うことになるのですから大赤字ですよ。これには弱りました。
 もちろん、現在までに加工マニュアルは相当改善しましたが、野生動物で一頭一頭違うこともありますので、平均すると食肉としての歩留まりは大幅には改善できませんでした。こればっかりはもはや仕方がありません。

 販路拡大の工夫
 

 シカ肉加工施設が稼働し始めたのは平成18年11月。ちょうど猟期ですので、それから3月まで猟師たちがシカをどんどん持ち込んでくれました。私たちは受け入れの基準を示して品質の良いシカだけを買い取って加工することができましたが、たちまち商品保管庫(冷凍庫)がいっぱいになりました。今度は販路の問題です。
 一番の誤算は地元丹波でサッパリ売れんかったことです。農林業のカタキ(笑)を健康食材として食えるんですからもっと買ってくれるかと思ったのですが、フタを開けてみると田舎はどシカ肉の評判が低い。シカ肉というのは、イノシシ猟をする近所の猟師が「たまたま獲ったらタダでわけてくれる硬くて臭い肉」というイメージが強く、お金を出して買う気になれない、というんです。
 結局、地元でたくさん売ることは諦めて京阪神に販路を求めることにしました。そこでもはじめは「シカ肉は硬い、臭い」というイメージが強かったので試食会の開催や様々な料理レシピなども紹介したり、健康効果を発信するなどイメージ刷新と食文化の開拓にかなり力を入れました。
 その効果もあって徐々にうちのシカ肉を使うレストランなども増えてきました。やっぱり、都会の方が相対的に先入観なく受け入れてくれる人が多かった。
 また、生肉以外の販路も探しました。三田牛ブランドの㈱三田屋総本家と提携してシカ肉のハムやソーセージといった新商品を開発したり、イベントブースで共同販売を展開したりと徐々に商品だけでなく販売方法も広がってきました。

 やっと、廃棄物はトロフィーだけに
 平成26年4月から、シカ肉の加工業務は「鹿加工組合丹波」に移行しました。組合は、兵庫県猟友会丹波支部(深田晋三さん支部長)、株式会社丹波姫もみじ。前川進吉さんが経営する株式会社EGサイクル(ペットフード加工販売)、この三者から構成されていますが鹿の受け入れ、解体、精肉は組合が一括して行い、丹波姫もみじは販売に特化できることになりました。
 組合の工場では、持ち込まれたシカを食肉用と非食肉用に分別し、食肉加工できるものは食肉部位と非食肉部位に解体されます。廃棄部位のうち肉や骨のほとんどはペットフードとして利用可能となりました。皮革と鹿角は有効活用する商品開発も試みていますので、現在、純粋に産業廃棄物とされるのは頭部(トロフィー)のみとなっています。実は頭部ですら皮さえ剥げばペットフード利用できるのですが、そこは人件費がかかりすぎるため見送っています。
 まだまだ決して十分とはいえませんが、ようやく有害駆除されるシカを丸々一頭資源として「活かす」という起業時の思いにここまで近づくここができました。

 自然とうまく共生して、地域が元気になればいい
 
振り返れば、挫折につぐ挫折ばかりでようここまで持ちこたえたなぁ、と思います。
自分が儲けたい、ということだけを考えるならとっくに放り出して別のことをしていましたよ。
 でも、元はと言えば自分らの商売を通じてちょっとでも地域が元気になればという思いで始めたことです。ここまで付き合ってくれた人らの顔、地域の人らのことなんかを思ったら簡単に放りだせへんだ。何度となくもうあかん、今度こそあかん、と思いながらなんとかもう少し、もう少しと続けてこれたんはその辺りでしょう。
 田畑も守れへん、ヤマ(林業)もあかん、その上にシカやイノシシに作物を荒らされる、というて地域が元気をなくしてきた。
 だからこそ、私らの事業を通じて有害鳥獣というマイナスが特産品というプラスに変わる、そのことで地域がちょっと元気になる、というのが創業当初の夢。そして、紆余曲折を経て、結局また立ち戻った原点ですわ。自然にやられっぱなしで元気をなくすんやなくて自然とうまく共存して地域が元気になる、そんな文化の一筋になればいい。商売としては、やっとこれからです。