株式会社 丹波姫もみじ

丹波地域で育った野生「丹波鹿」の鹿肉。美容と健康に優れたおいしい食材をお届けします。

HOME»  鹿肉栄養

ヘルシーな鹿肉

ヘルシーで美味な食材

豊かな自然、食材の宝庫といわれる兵庫丹波の山野を駆けめぐり、美味しい自然の恵みを存分に食しながら生育した野生の「丹波鹿」(ホンシュウジカ)鹿肉。

その美味しさとヘルシーさで日本の新たな食文化を切り拓く丹波発の画期的食材です。

また、中国4000年の歴史の集大成された中楽大辞典には、鹿の大部分が人間に有益な動物であることが記されています。

 

「丹波鹿」鹿肉の成分特性(成分分析結果より)

食肉の成分比較表(一般成分)100gあたり
丹波鹿分析06-11捕獲(オス5歳)

 

食品名

エネルギー
(kcal)

たんぱく質
(g)

脂質
(g)


(mg)

牛肉(バラ、脂身つき、和牛)

317

16.1

26.4

2.0

豚肉(バラ、脂身なし、大型種)

354

15.0

30.8

1.0

若鶏(ささ身)

106

23.7

0.5

0.5

馬肉(桜肉)

110

20.1

2.5

4.3

えぞ鹿(雄)

117

22.8

2.2

3.5

丹波鹿(雄)

90

21.9

0.3

4.6

 

【1】牛肉や豚肉に比べて、カロリーは約3分の1、脂肪分は約80分の1という特性に加え、さらに「美味しい」と大変好評をいただくお肉です。
【2】通常食される他の肉とは異なり、女性が特に不足しがちな鉄分が大変多く、食品の中でもその多さで知られる牡蠣・馬肉よりもさらに多いという特筆すべき食材です。
【3】さらには、たんぱく質の割合も牛肉・豚肉の約1.5倍です。
【4】そのほか、アミノ酸やミネラルのバランスも良い食材です。

 

牛肉や豚肉と比べて、カロリーは約3分の1、脂肪分は約80分の1という特性に加えさらに「美味しい」と大変好評をいただいているお肉です。 
健康志向のかたにお勧めの食材です。

通常食される他の肉とは異なり、女性が特に不足しがちな鉄分が大変多く、食品の中でもその多さで知られる牡蠣・馬肉よりもさらに多いという特筆すべき食材です。

たんぱく質の割合も牛肉・豚肉の約1.5倍です。

そのほか、アミノ酸やミネラルのバランスもよく、美容と健康に最高の食材です。コラーゲンも豊富に含んでます。

鹿肉の取扱いについて

・鹿肉は必ず加熱してお召し上がり下さい。
・ご購入された鹿肉は冷凍の状態でお手元に届きます。完全に解凍してしまわずに、半解凍の状態でカットするとうまく切れます。また、カットする際に使用されたまな板や包丁などは、そのまま使わずによく洗浄して下さい。

 

中薬大辞典(鹿)

鹿の尾っぽや歯、骨、角は漢方薬の原料になります。特に鹿の幼角は鹿茸と呼ばれ
、滋養強壮に使われる貴重な部位です。
中国四千年の秘薬といわれ上海科学技術出版社の中薬大辞典にくわしく書かれています。
【薬理】 1.心血管に対する作用. 西伯利斑鹿の鹿茸より抽出した鹿茸精を大量投与すると、血圧を降下させ、心臓の振幅を小さくし、心拍数を緩慢にし、さらに抹消血管を拡張させる。
2. 強壮作用. 鹿茸精は優れた全身強壮剤で、身体の活動能力を高め、睡眠と食欲を改善し、さらに筋肉の疲労度を低くする。  。
3. 性ホルモン様作用. 馬鹿の鹿茸片の生理食塩水浸液をつくって、睾丸を除去したラットとマウスの前立腺および精?の重量をはかる方法、および卵巣を除去したマウスの腟片の塗沫標本試験から、男性ホルモン様作用と女性ホルモン様作用がないことが証明された。また、妊娠していないウサギの卵巣に血斑を生じさせることも、雄のヒキガエルの精子排出を促進することもできなかった。
4. 創傷に対する影響.  長期間癒合しないか、あるいは一時的な新生不良の潰瘍と傷口に鹿茸を投薬すると、その再生過程を増強する。また、骨折の癒合を促進し、チッ素と炭水化物の代謝に影響を及ぼす。 鹿茸精を頭と頸部を負傷したウサギに投与すると、異常を示していた脳波、酵素解糖、酵素活性が改善された。
5. その他の作用.  鹿茸精で感作したあと静脈注射しても過敏性ショックを起こさない。