株式会社 丹波姫もみじ

丹波地域で育った野生「丹波鹿」の鹿肉。美容と健康に優れたおいしい食材をお届けします。

HOME»  飲食店さまへ

飲食店さまへ

姫もみじの食用鹿肉

姫もみじの食用鹿肉

 

姫もみじでは、食用の鹿肉を当社オリジナル食材【熟味鹿肉】として、レストラン・食堂・家庭・給食などに販売しご利用いただいております。
丹波鹿肉は、兵庫県が作成した『ひょうごシカ肉活用ガイドライン』に則り、ハンターが仕留めて血ぬきしてから2時間以内に当社に運ばれて解体されます。
厳格な審査基準をくぐり、適切に処理された肉のみが食用に加工され販売しています。そのため、当社の丹波鹿肉は安全で高品質。高級ホテルやフレンチレストランにも販売、ご使用いただいています。
また、肝臓の一部を3年間保管するトレーサビリティを実施し、確実に金属探知機を通しているので安心してお使いいただけます。
従来の「固い、臭い」といったイメージとは程遠い、クセがなくあっさりとした味わいが楽しめます。

 

熟味シカ肉とは?

兵庫県立大学の吉村美紀教授の研究結果に基づく、鹿肉をミンチ肉にし、ある麹を添加。
10℃で2日間熟成する事によってアミノ酸組成が5倍(旨みが増しアミノ酸の数値が上がる)になり、また肉も柔らかくなるという画期的なことが判りました。

この肉を熟味鹿肉と言います。

 

丹波の野山を駆け回り、丹波の自然の恵みを食べているからこそ、臭みがなく柔らかい肉質です。
 鹿肉は脂肪が少なくてクセがなく、あっさりしているのに旨みがしっかりありました。また、野生動物の肉は年齢や性別など個体差が激しいのですが、丹波鹿は品質のぶれがなく、品質が安定しているので、献立に入れやすいと言われます。

 野生の丹波鹿肉を是非一度 メニューに入れてみてはいかがですか。
 興味のある方は、お気軽に販売のお問い合わせをください。


丹波姫もみじの丹波鹿肉を使っていただいている飲食店舗さまの一部をご紹介します。